セルフマニピュレーションの自信効果

ビジネス心理学では、その人の自信が態度や雰囲気に現れていれば、プレゼンテーションを成功に導けるとされており、クライアントを納得させることができるでしょう。

スポンサードリンク

ビジネス心理学で顕著に取り上げられている異変には、声の震え、緊張のあまり早口になっている、声が小さすぎるなどがあり、びびっているといったような印象を与えてしまうことになります。

プレゼンをする人の、体を触るなどのしぐさもビジネス心理学では重要視され、髪をいじる仕草や、体を触ったり、指を組んだり、顔を触っているなど、落ち付きを感じられません。

セルフ・マニピュレーションと、ビジネス心理学ではこれを名付けられています。

態度に落ち付きがない場合には、「自信がなさそう」「やましいことでもあるのではないか」などの憶測を呼んでしまいます。

セルフ・マニピュレーションは、当の本人にしてみれば、全くの無意識なので、注意をする必要があります。

口調や話すスピードは、たとえ話が同じ内容であっても、印象と評価を変えてしまうものです。

好印象を与えるには、相手の顔を見ながら、喋るときに落ち付いていることです。

練習や、場数を踏んで実践に励めば、自然といつの間にか克服できていたりします。

顔面フィードバック現象とは、脳に顔の筋肉の状態を伝えるものです。

笑顔を作れば、たとえ楽しくなくても、脳は楽しいのではないかと指示を促します。

笑顔は、気持ちもポジティブに変えてくれ、相手にも良い印象を抱かすことができます。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ビジネス心理学で築く人間関係
ビジネスマンにとって、仕事ができるということは、現実的にはどういう要素が不可欠な......
新部署での笑いと自己開示
香港映画が好きな方などは、NGシーンをエンドロールと一緒に流すことが、好評になっ......
ビジネス心理学 自己開示の効果
ビジネス心理学では、自己開示という言葉があり、他人に自分の話をすることをいいます......
企画にビジネス心理学の社会的現実性
会議では、多くの意見が発表されますが、最初から前一致で賛成するなどということは、......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ビジネス心理学:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://q.df93.com/psychology/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。