ビジネス心理学 自己開示の効果

ビジネス心理学では、自己開示という言葉があり、他人に自分の話をすることをいいます。

スポンサードリンク

自己開示をすることによって、人同士は打ち解けることができていくのでしょう。

ビジネス心理学の自己開示に、返報性があります。

相手側が、打ち明け話を披露したら、嫌な話題の範囲でなく、相手に不快感などがない場合、ビジネス心理学では同等のレベルの打ち明け話を、返して話に花を咲かせます。

自己開示を例にあげると、「日曜日は、ここへ行っていた」と話したら、相手も「私はその頃、家にいた」などといった内容です。

自己開示の話を、聞き手は自分の解釈で共感をし、返していきます。

ビジネス心理学では、相手が自分に共感してくれていて、自分自身も受け入れてもらえたという感情が湧き、もっと自己開示してみようと距離を縮めるのです。

自己開示の1回目は、まだお天気の話など止まりで十分であり、徐々に親密度が増していって、最後には深い内容の話もできるほど、人間関係が深まっていくのです。

自己開示は、場合によってはマイナスに働くこともあります。

個人的な話の内容になると、自分の弱みやデリカシーを要するものになってくるからです。

弱みから、悪用される可能性がないとはいえません。

危険性の回避に、信頼感の確立が重要となってきます。

自己開示が深まると、相手はこんな話をするほど、私を信頼しているんだと思って、信頼に応えるように励み、信頼に対する返報性が、この場面でも発生するのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ビジネス心理学で築く人間関係
ビジネスマンにとって、仕事ができるということは、現実的にはどういう要素が不可欠な......
セルフマニピュレーションの自信効果
ビジネス心理学では、その人の自信が態度や雰囲気に現れていれば、プレゼンテーション......
新部署での笑いと自己開示
香港映画が好きな方などは、NGシーンをエンドロールと一緒に流すことが、好評になっ......
企画にビジネス心理学の社会的現実性
会議では、多くの意見が発表されますが、最初から前一致で賛成するなどということは、......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ビジネス心理学:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://q.df93.com/psychology/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。