上司の部下をかばう責任範囲

ビジネス心理学では、責任範囲がどの程度までなのか、線引きすることも大切です。

スポンサードリンク

部下が失敗をしたときに、叱りまくって、処理を全て部下にさせるのは、ビジネス心理学での上司としては望ましくありません。

問題は、部下が起こしたとしても、上司には管理責任という部下の行動への責任があるのです。

リーダーは、自己の仕事だけが仕事ではなく、ビジネス心理学では束ねている全員の行動責任を持つものです。

上司が、部下に対して放り投げて叱るだけのような対応をしていると、ビジネス心理学的に他の部下達からも、愛総を尽かされる結果となります。

部下達は、同僚が上司からされている行動を見て、自分のミスも、あんなふうにフォローしてもらえないんだろうと推測され、ついていけないと士気を下げる可能性が高まります。

上司は、だからといって部下がした失敗を、全て尻拭いするのが仕事というわけではありません。

上司として、部下に良い格好ばかりして、反対に自分の上司からの評価を落としては、どうしようもないでしょう。

ミスの規模が小さければ、自分の判断ミスとして、部下を助けることはできます。

会社の中で長くこれからも務め、出世もしたいのであれば、自分の身を守ることを考えて行動しなければいけません。

部下のミスが、あまりにも大きいケースでは、自分の更に上司に相談し、判断を仰いでしまいましょう。

リーダーシップは大切ですが、会社はそれだけではないので、自分の責任の範疇を超えるときには、なんでも一人で背負わないことです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

ビジネス心理学で築く人間関係
ビジネスマンにとって、仕事ができるということは、現実的にはどういう要素が不可欠な......
セルフマニピュレーションの自信効果
ビジネス心理学では、その人の自信が態度や雰囲気に現れていれば、プレゼンテーション......
新部署での笑いと自己開示
香港映画が好きな方などは、NGシーンをエンドロールと一緒に流すことが、好評になっ......
ビジネス心理学 自己開示の効果
ビジネス心理学では、自己開示という言葉があり、他人に自分の話をすることをいいます......
企画にビジネス心理学の社会的現実性
会議では、多くの意見が発表されますが、最初から前一致で賛成するなどということは、......
ビジネス心理学的ゴマすりの効果
ビジネス心理学での「取り入り」とは、相手の言い分に同調したり、お世辞をいって、好......
ビジネス心理学での好意の返報性
ビジネス心理学では、どんな人でも他人に好意を持たれたり、賞賛されたりすると、嬉し......
ビジネスにマズローの欲求階層説
ビジネス心理学では、自分から率先して行動するよりも、上司からの指示を待つタイプが......
ビジネス心理学の返報性の規範
ビジネス心理学では、仕事で人に貸しを作っておくと、見返りが受けられるメリットがあ......
ビジネス心理学の自己宣伝方法
ビジネス心理学では、新しい会社の部署に配属されて、紹介者が特にいない場合、溶け込......
マニュアルによるビジネス・スキル
ビジネス心理学で、部下の管理をマニュアルで行うという方法があります。 部下に、自......
ビジネス心理学の努力のスキルアップ
ビジネス心理学では、スキルアップには努力の繰り返しが、力を引き伸ばすことになりま......
ビジネス心理学基本的帰属錯誤の意味
ビジネス心理学では、失敗が起きたときに、原因をきちんと探っておくことが重要です。......
ビジネスの場面での謝罪の効果
ビジネス心理学でも、謝罪に関しては、とにかく怒っている相手に謝ることの必要性がい......

▲このページのトップへ