ビジネス心理学では、すでにいる人に「紹介」をしてもらうことで、人間関係がスムーズに行くということです。
紹介に効果があるとビジネス心理学で言われても、実際には紹介者が周囲にどの程度信頼されているかによって、紹介がメリットにもデメリットにもなります。

スポンサードリンク

ビジネス心理学 ハロー効果

ビジネス心理学で言われているような良い効果を得るためには、紹介者をどのような人にすればよいのでしょうか。

紹介者が好かれているか嫌われているかが、自分の評価にも直接響いてきます。
部署で人望の厚い人が、最も理想的な紹介者といえるでしょう。

好意的な相手であれば、「あばたもえくぼ」という言葉のように、欠点すらチャーミングに魅せる力があるものです。

関係者というだけなのに、自分も好感を持って受け入れてもらえる確率が高まり、これをビジネス心理学では「ハロー効果」と呼んでいます。

紹介者に、「こいつは良いヤツだから」と付け加えてもらえれば、更に人間関係は円滑に運ぶでしょう。

紹介者の人望が、自分への信用とお墨付きになります。

ビジネス心理学のハロー効果のデメリットとしては、紹介者がまるで評価されていない人材の場合、どうせこの人の知り合いだから、あてにならないと思われてしまうケースがあります。

紹介者が嫌われていれば、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いというように、なんでもマイナスに働くものです。

部署の重役やトップなどの上司の紹介は、一見有利に見えますが、嫌われている人であれば、上司側の人間だと派閥分けされて、溝が出来てしまうこともあります。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

ビジネス心理学:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://q.df93.com/psychology/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。